IMG_3474_edited.jpg
117_sushi_144dpi.jpg
115_palm_tempura_144dpi.jpg
Kawasaki_edited.jpg
IMG_3460_edited.jpg
​川崎武司
IMG_3463_edited.jpg
113_sashimi_144dpi.jpg
114_aji_144dpi.jpg
IMG_3448_edited.jpg

シェフ川崎は16歳の時から鮨を作り続け、その長年の経験から魚市場の中に多くの繋がりを築いてきました。そのことが、ここハワイの我々の顧客の味覚を満足させる高品質の食材をもたらすことを可能にしています。彼のこの食材で、彼は自身の伝統的な江戸前スタイルを提供したいと考えています


彼のスタイルは、鮨のシンプルさと、食材の品質に焦点が当てられています。魚はその特質に添って正しく準備し、シャリ(寿司米)は酢とのバランスがぴったり合うようにすることで、魚と米の間に最高のつり合いが生まれます。彼は札幌での自分の店と同じ雰囲気の中で寿司を出しています。

シェフ川崎は、ハワイの店舗を日本の店舗とほぼ同じになるように作りました。9~10席の鮨カウンターはシェフと顧客の絆を生み出しています。シェフの前に座れば、顧客は目の前のケースの中に彼が準備した食材と、彼の握る技術を目の当たりにすることが出来ます。札幌の店とは異なる点は、6~8人用の個室が1室あることです。この個室は小さなお子様連れや、ご家族、会合などでのご利用に最適です。